汗腺を取り除く

「剪除法」は、多汗症やワキガの治療において、古くから行われている手術です。
ワキガや多汗症治療の専門病院や、美容外科病院などで受けることができます。
剪除法は、脇の下を5センチ程メスで切開し、ワキガや多汗症の元となっている汗腺を除去するための手術です。医師が目視で汗腺を捉え、医療用のはさみなどで切除していきます。
アポクリン汗腺は比較的大きく、肉眼で捉えやすいので、切除しやすいといえるでしょう。一方、エクリン汗腺は小さいので見えにくく、全て残らず切除することは難しいと言われています。
そのため、ワキガの治療には効果的ですが、多汗症を完全に克服するためには向かないようです。ですが、エクリン汗腺の数を減らすだけでも、汗の量を減らす効果は得られると期待できます。

ちなみに、ワキガ体質の人は、多汗症も併発していることが多いと言われています。そのため、病院では、ワキガ治療においても、アポクリン汗腺だけでなくエクリン汗腺も一部除去することが多いようです。
なお、剪除法の効果が得られるかどうかは、担当する医師の技量にかかっています。
そのため、病院を受診するときには、ワキガや多汗症の治療実績が多い病院を選ぶのがポイントです。インターネットの病院ランキングや口コミも、参考にすると良いでしょう。
実際にワキガや多汗症の治療を行った経験がある人に、病院を紹介してもらうというのも1つの方法です。